ほうれい線,20代,消す

ほうれい線は老けて見える!20代でも進行中!消す方法とは?

 

 

ほうれい線があると老けて見えますよね。ほうれい線は中年以降にしかできないものだと思っていませんか?
実は最近では20代でもほうれい線がくっきり出るという人が増えてきているのですよ。

 

なぜ若いのにほうれい線が出てきちゃうのでしょう?
そこで20代でも出てくるほうれい線の正体と消す方法を解説したいと思います。
若いからと安心しているとほうれい線がより深くなりますよ。今のうちに対策を立てておきましょう。

 

 

 

ほうれい線が20代でも出る原因は?そこから消すヒントは?

 

 

ほうれい線とは口の横にできるシワのことです。
加齢によって表情筋が衰えて頬のお肉が重力により垂れ下がってしまいます。
まるでブルドックのようにお肉が下がってしまいそれがしわになってしまうという訳です。

 

ほうれい線があると実年齢より10歳は老けて見えます。ないに越した事はありませんよね。

 

 

ところでほうれい線が目立ってくるのは顔の筋肉が衰えてくる中年の人が多いのですが、最近では20代でもほうれい線が目立つ人が増えています。
ほうれい線…つまり顔のしわなのですが、できる原因は主に「乾燥」「紫外線」「筋肉の衰え」の3つが考えられます。

 

ほうれい線は筋肉の衰えもありますが乾燥でお肌のハリとうるおいが無くなってしまうのも原因の一つです。
また紫外線によりお肌にハリとうるおいを与えるヒアルロン酸が減少してしまうことも考えられます。
20代はまだハリとうるおいが多いので、かろうじてほうれい線が出にくいのですが、放置していると取り返しのつかないことにもなりかねませんよ。

 

 

 

コレがほうれい線の原因!20代から頑張る消すための努力

 

 

中年の代名詞であるほうれい線が最近では若い世代の人でも出やすくなっています。
乾燥すれば保湿を心がけますし、紫外線は日焼け止めを塗るなど対策をしますよね。
しかし筋肉の衰えを気にしている人はあまりいませんよね。

 

最近の若い方は、「あまり固いものを食べない」「猫背である」「運動不足」と言う人が多く、これがほうれい線を作り出す原因でもあるのですよ。
原因をよく理解して対策を立てるようにしましょう。

 

 

「あまり固いものを食べない」

 

やわらかいものばかり食べていると噛むことが少なく顔の筋肉が落ちてしまいます。
スルメなど噛む回数が多いものを意識して摂るようにしましょう。普段の食事もよく噛むようにしましょう。

 

 

「猫背である」

 

姿勢が悪く猫背だと顔が前の方になりお肉がたるんできます。
スマホなどを抱え込むように見ていると皮膚が重力によって下に引っ張られてしまい、たるみの原因になっちゃいます。
また猫背だと血行が悪くなりお肌の新陳代謝の妨げにもなりますよ。

 

 

「運動不足」

 

学生のころと違って特別な運動をする時間が減ってしまいますよね。
運動不足になると血の巡りが悪くなりお肌の血行も悪くなってしまいます。
血行が悪いとうるおいが無くなりお肌がガサガサになりしわができやすくなってしまいます。

 

 

また若い人にできるほうれい線の原因に多いのが過度のダイエットです。
運動を適度入れ、食事もバランスよく取りながらのダイエットは美肌にもなれるしハリやうるおいも出てほうれい線とは無縁になれます。

 

しかし極度の食事制限を行うダイエットはたとえ体重が減ったとしても若々しさが失われてしまいます。
ほうれい線どころか肌がカサカサになり顔色も悪く目じりやおでこにまでしわができてしまいますよ。

 

 

20代のほうれい線は改善しやすい年齢と言えます。
質の良い睡眠をとる、適度に運動する、バランスのとれた食事をする。
たったこれだけで老け顔から脱出できるのですから、今のうちから対策を立てて実践しましょう。

 

 

有名女優も使ってる!フェイシャルフィットネスパオでほうれい線を引き上げよう!