フェイシャルフィットネスパオ,やり方

あなたは大丈夫?フェイシャルフィットネスパオの正しいやり方

 

 

顔のたるみやほうれい線に全く新しい方法でアプローチしてくれることで話題の「PAO(パオ)」。
テレビで広末涼子さんが紹介したことでも有名なトレーニングツールです!

 

パオのすごいところは、「表情筋を鍛えることで顔のたるみを解消する」という新しい見地のメソッド。
これまでは化粧品やリフトアップに頼らざるを得なかった悩みを、「筋肉を鍛える」ことで解消しようという画期的なトレーニングツールなんです。

 

 

そもそも表情筋と言われる顔の筋肉は大小合わせて30種類以上の種類があるんですが、なんと驚くことにその70%以上が普段使っていない筋肉なのだそう…!
年齢と共に重力に負けてたるみが出てくるのも納得ですね。
パオを使っている人の中には「顔がシュッとした!」「痩せたと褒められた」という人が続出していて、効果の高さが伺えます。

 

ただし!!
きちんとした効果を得るには、きちんとした使い方をしないと意味がありません!!

 

 

この記事では、パオの正しい使い方と、効果が出るまでの期間についてご紹介したいと思います。
「買って試してみたい!」と検討中の方はぜひ参考にしてくださいね!

 

 

 

これをしてはダメ!フェイシャルフィットネス パオのタブーな使い方

 

 

まずは、正しい使い方をレクチャー!!
基本的な使い方はたったの4ステップでOK。

 

  1. 口を大きく開く
  2. マウスピースをくわえる
  3. 歯を添えて吸う
  4. 頷くように首を振り、パオの両端の重りを上下に均等に振る

 

こう書くと簡単そうに見えるんですが、実は最初はとても使うのが難しいんです…。
重りを均等に振ることが最も大事なんですが、これがなかなかキツくて、キレイに重りを振ることができません。
ですので、コツを掴むまでは毎日きちんとトレーニングすることが大事です!

 

 

また、トレーニングを行うときに絶対にやってはいけないことがあります。

 

▼パオを使うとき、やってはいけないこと!

  • トレーニングのやり過ぎは?!筋肉を痛めるの絶対NG!(1日2回、1回30秒〜90秒が目安です)
  • マウスピースに歯を立てない!(器具が痛む上、口周りの筋肉が鍛えられません…)
  • ガムや飴を食べたまま使用しない!(誤飲に繋がります!)

効果を早く実感したくて、ついついトレーニングを過剰にしてしまいがちですが、やり過ぎは良くないということですね…。

 

 

また、トレーニング自体がけっこうキツイので、無意識に歯を立ててしまいそうになるんですが、それだと表情筋がきちんと鍛えられないんですね。
この辺りは意識して我慢することが必要ですね!

 

基本的には、説明書に書いてある使用法を守る!というのが効果への近道と言えそうですね。

 

 

 

フェイシャルフィットネス パオを正しく使用するとどれくらい時間がかかるの?

 

 

コツを掴むまでは少し時間がかかるパオですが、実際にはどのくらい時間がかかるのでしょうか?
あまり時間がかかるようだと購入を迷ってしまいそうです…。

 

実際に買って使っている人たちはどうなんでしょうか?
慣れるまでの期間について、短かった人と長い時間がかかった人のの口コミを比べてみましょう!

 

▼短期間で慣れた!

  • 2〜3回使ったらもう出来るようになりました。普段顔の体操をしているせいかな?(30代前半)
  • 最初は難しかったですが、朝晩2日間使っていたら、3日目の朝にはスムーズに出来るようになりました!(20代後半)

 

▼時間がかかった…

  • 使い続けて4日ですが、まだぎこちないです…(40代前半)
  • 購入一週間!一番軽い重りでなんとか出来るようになりました。(50代前半)

 

 

全体的には、「ものすごく時間がかかった!」という口コミは見かけませんでした。
長い人でも一週間あれば慣れてスムーズに使えるようになったようです!

 

それと、普段から表情筋をトレーニングしている方や、比較的若い方はすぐに慣れているようですね。

 

 

それでも不安…そんな方はには軽い負荷から試すこともできます。
パオには軽さの異なる3つの重りが付属されているので、初めは一番軽いもので試すのがコツを掴む近道ですよ!

 

 

フェイシャルフィットネスパオは絶対に正しい使い方で!間違った使い方をしてしまうと・・・!?