老け顔,女性,20代

老け顔と呼ばれる女性は20代にも……そう見える理由とその対策は?

 

 

あなたは実年齢よりも若く見られますか?それとも老けて見られていますか?
まだ20代なのに「おばさん」と呼ばれたりしていませんか?妹や弟と一緒に歩くと親子に間違えられた経験はありませんか?
それは落ち着いた雰囲気を持っているとも言えますが顔が老けて見えるのが原因かもしれませんよ。

 

若いからとお手入れを怠ると老け顔になっちゃうのですよ。
放置していれば年齢を重ねるとさらに老けて見えて30代で「おばあさん」になっちゃうかも?絶対ヤバいですね。
そこで老け顔を改善する方法をご紹介しますので、今すぐ実行してくださいね。

 

 

 

「老け顔の女性」の特徴はコレ!20代でも若く見えなくなる理由!

 

 

10代なら「大人っぽいね」と言われると嬉しくなることもあるでしょうが、20代なのに「40歳ぐらい?」と言われるとショック!落ち込んじゃいますよね。
メイクやファッションも年齢を判断する材料ですが、ほうれい線やしわなどがくっきりと出ていると老け顔になっちゃうのですよ。

 

ほうれい線とは口の横にできる縦のしわのことですね。漢字で書くと「豊齢線」豊かに年齢を重ねるとできる線と言うことです。
加齢に伴い顔の筋力が衰えてきて頬のお肉を支えることができなくなります。
ハリやうるおいも少なくなり、頬のお肉が垂れ下がりしわができてしまうという訳です。

 

では20代でもできてしまうほうれい線の原因は何でしょう?

 

 

寝不足

睡眠不足だと顔色も悪くなりお肌にツヤが無くなってしまいます。
お肌の新陳代謝は眠っている時に活発に働きます。夜更かしせず十分な睡眠タイムを設けましょう。

 

 

偏った食事

スナック菓子や甘いものばかり食べているとお肌が荒れてしまいます。
野菜や果物には美肌に欠かせないビタミンCが多く含まれています。バランスの良い食事をすることが大切です。

 

また無理なダイエットはお肌ばかりではなく体を壊してしまいます。
美肌は体の内側から作られるものなので体調が悪いと栄養が十分に行き渡らず肌荒れを起こしてしまいますよ。

 

 

水分不足・保湿不足

体や顔の水分はどんどん失われていきます。
保湿をしてあげないとお肌はカサカサになりツヤやハリが無くなりほうれい線を作る原因になってしまいます。

 

 

血行が悪い

運動不足で血の巡りが悪いと新陳代謝があまり行われずお肌がくすんでしまいます。
顔色が悪いと元気がないように見えて老け顔になってしまいます。

 

 

 

老け顔を直してさらに予防!女性の20代さらに今後を素敵な時間に

 

 

老け顔を改善するにはやはり身体の中から元気になることが大切です。
ストレスや疲れが溜まると表情も曇ってしまい老け顔になってしまいます。
いつも笑顔で生き生きとしていることが大切ですね。

 

その為にはリラックスタイムを設けることも必要です。
お風呂にアロマオイルを入れてゆっくりとぬるま湯につかるのもいいでしょう。
好きな音楽を聴きながら何もしない時間を過ごすのもいいかもしれません。

 

バランスのとれた食事も大事ですが、たまには大好きなスイーツを食べてもいいでしょう。
自分を甘やかすのではなく毎日を充実した時間を過ごすように心がけることが若々しさを保つ秘訣でもあるのですよ。

 

 

もちろん、物理的にも老け顔を改善できるようにしましょう。紫外線対策は万全にしておきます。
保湿にも注意してください。お風呂上りに化粧水やクリームをつける時にお顔のマッサージをすると血行も良くなります。
リラックスもできますので一石二鳥ですよ。

 

 

 

20代のお肌はちょっとしたことですぐに美肌になれるのですよ。
中年になってからでは老け顔改善にはかなりの努力が必要となってしまいます。
せっかく若いお肌を持っているのですからがんばって老け顔とは二度と呼ばれないようにしてくださいね。

 

 

もう老け顔なんて呼ばせない!フェイシャルフィットネスパオでまるで女優さん♪